AGA遺伝子検査というものがあるのを知っていますか?

現在、薄毛や抜け毛に悩んでいる男性が多いみたいですが、 その大半がAGA(男性型脱毛症)だと言われています。

AGAは、髪の生え際(おでこ)や頭頂部の髪が薄くなってくる症状で、 原因は男性ホルモンと体質の遺伝ではないかとされているようです。

30代後半~50代の男性に多い症状なのですが、最近は若くてもAGAになっている人もいます。

そこでもう薄毛になりかけていたり、将来的の薄くなりそうな不安がある人は、
AGA遺伝子検査というものがあるので受けてみるのもよいかもしれません。

この検査は、簡単に言うと「遺伝子を調べて、ハゲる体質なのかどうかをチェックしましょう」というもの。

AGAは、早めに治療を始めれば育毛効果が出やすいし、 まだハゲていない段階で治療を始めれば、予防することも可能だそうです。

AGA遺伝子検査はAGAクリニックなどで受ける方法と、 郵送で送ってもらった検査キットを使って、自宅で受ける方法があります。
自宅で調べる場合は、キットを返送して結果をまた郵送してもらう形になります。

検査方法は血液や毛髪、口内粘膜を採取して行うだけなのですが、 結果を知らせてもらうまでには、2週間~4週間はかかるみたいです。

気になる金額は1万3000円~2万円くらいのようです。

遺伝子情報は、後になって変わるわけではないので、いつ検査を受けても結果は同じ。
いつか検査を受けようと思うなら、早めに検査しておいてもムダではないと思います。

ただ問題は、そのAGA遺伝子検査の精度でしょう。
もし「AGAで薄毛になる可能性はありません」という結果が出たとしても、 100%AGAにならないという保証はないということです。http://agagekitaisite.com/agataisakuchiryou11.html

確かに、AGA遺伝子検査は遺伝子上の可能性を調べる検査なので、
遺伝子レベルでは薄毛になる可能性がゼロだった人でも、
食生活や生活習慣が乱れたり、タバコを吸っていたりすると、薄毛のリスクは高くなるかもしれません。

しかし将来的に自分の髪がどうなるのか心配な人は、参考程度に検査してみるのも良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です